すり減った魂

2017/11/28

知らないうちに
家族や周りの人たち
見えない存在から
エネルギーを
奪われていることがあります。

もちろんその逆もあります。

これは現代を生きる皆さんが
魂をすり減らし
限られた愛の奪い合いに
なってしまっているからです。

具体的に言うと
相手に見えないパイプをつけて
エネルギーを拝借しています。

つける場所としては
肩甲骨の間、
その次に多いのが腎臓です。

肩甲骨の間が疲れやすい人は
霊的なものが
ついていることも多いですが
生きている人からエネルギーを
吸い取られていることも
多いのです。

肩甲骨の間は
あなたを一番支配している人
…例えば母親などが多いです。

だいたい
自分より弱い相手から奪います。
そのほうがパイプを
取り付けやすいからです。

がっつりエネルギーを
奪われている場合もあります。

腎臓から吸われている場合
腎臓周りが緊張したり
違和感を感じたりするので
トイレが近くなることも
あるようです。

私のサロンに来てくださってる方で
トイレが近い方は
そういう方面からも
チェックしますので
教えてくださいね。

トイレが近いって
恥ずかしいことだと
感じる方が多いですが
遠慮せずおっしゃってください。

ヒーリングを続けるうちに
ご自身が強くなるので
エネルギーを
吸い取られにくくなります。

磨り減った魂を
元の状態に戻すヒーリングも
行っています。
魂の飢餓状態から自分自身を
ぜひ!解放してあげてください。

どちらのヒーリングも
遠隔でも行えます^ ^

それでは、素敵な週末を♬

 

f:id:morimika:20150714140057j:plain